スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)

 民主党新人の大野元裕氏の陣営では「誠実に答える立候補予定者のイメージをアピールしたい」とブログで質問の受け付けを開始した。現職の島田智哉子氏もブログで活動を報告し、現職の実績をアピールしている。

 同党埼玉県連も、ホームページ(HP)上に「動画」を公開するなどネット戦略を重視。「単に演説を配信するのではなく、テーマを絞ったインタビューなどでメッセージ性を高めたい」(県連関係者)と意欲的だ。

 自民党現職の関口昌一氏は、小泉進次郎衆院議員が来県した5月22日の街頭演説の動画をHP上に公開、当日は生中継も行った。同党県連会長の新藤義孝衆院議員も「いい絵を求め、動画機能を追求する」としており、動画を活用したアピール合戦が白熱しそう。

 ユニークな双方向サイトを始めたのは共産党。埼玉県の地図上にコメントをつけられる「伊藤岳の埼玉ボイス!」を4月に開設した。県委員会幹部は「地域からの情報発信と対話を軸に、若年層や無党派層との結びつきを強めたい」と狙いを語り「党内でも全国初だ」と胸を張る。

 公明党現職の西田実仁氏は、ミニブログ「ツイッター」を多用する。昨年12月の開始以降、つぶやきは650を超える。西田氏は、「TV討論に出たら、早速フォロワーが増えるなど反応がリアルタイムでわかりやすい」と語り、ネット効果を肯定的に受け止めている。

【関連記事】
広大な地盤はネットで克服 生い立ち紹介の漫画
ネット選挙〜現場報告 秋田 高齢化の街では「対面主義」!?
ネット選挙の現場 「県内ブログの上位にランク」自民党・高野光二郎氏
政治家もネット力大切 ツイッターなりすまし
ネット選挙解禁、会期延長なければ「白紙」
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

千葉県の男に逮捕状=横浜弁護士殺害の疑い−離婚調停でトラブルか・神奈川県警(時事通信)
首相、荒井氏の事務所費疑惑に「問題なし」(産経新聞)
口蹄疫 拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念(毎日新聞)
練馬区の民家が全焼 男性の遺体みつかる(産経新聞)
樽床伸二国対委員長会見詳報(2完) (産経新聞)

<不正流用>ローソン子会社の元専務ら特別背任容疑で逮捕(毎日新聞)

 ローソンのチケット販売子会社「ローソンエンターメディア」(LEM、東京都品川区)の資金を不正に流用して会社に損害を与えたとして、東京地検特捜部は1日、同社元専務、山岡武史容疑者(38)と、取引先の企画会社「プレジール」(港区)の元社長ら計3人を会社法違反(特別背任)容疑で逮捕した。損害額は約115億円に上るとみられ、特捜部は資金の流れの解明を進める。

 不正流用を巡っては、LEMが3月、特別背任容疑で元専務らに対する告訴状を特捜部に提出、5月には約144億円の損害賠償を求める訴訟も起こしている。

【関連ニュース】
<関連記事>不正流用:ローソン子会社の元専務ら逮捕へ…特別背任容疑
<関連記事>ローソン子会社:元専務ら捜査へ 特別背任容疑で東京地検
<関連記事>ローソン:子会社が元専務らに144億円の損賠求め提訴
<関連記事>ローソンエンターメディア:ローソン子会社、元専務らを提訴 「不正な資金流用」

次期衆院選に出馬せず=鳩山首相(時事通信)
資料に名前の男性が所在不明 横浜の弁護士殺害 逃走男と同一人物?(産経新聞)
官房長官、豪の調査捕鯨提訴に「極めて残念」(産経新聞)
小沢氏会見、1日に延期(時事通信)
3事業を全面見直し=総務省(時事通信)

<訃報>本多立太郎さん96歳=戦争体験の語り部(毎日新聞)

 本多立太郎さん96歳(ほんだ・りゅうたろう=戦争体験の語り部)5月27日、腎臓がんのため死去。葬儀は近親者のみで済ませた。

 北海道小樽市生まれ。和歌山県みなべ町在住。1939年から中国などへ2度出征し、抑留されたシベリアから47年に帰国。金融機関を退職後の86年から2009年まで、上官の命令で捕虜を刺殺した体験などを「戦争体験出前噺(ばなし)」として、約1300回語った。05年ごろからは憲法9条の理念を世界の人に伝えようと活動。6月にはフランスでも語る予定だった。

【風】「インフル狂騒曲」日本だけ?(産経新聞)
法定金利の109倍の利息 090金融業者8人を逮捕 警視庁(産経新聞)
社民党 連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)
「みんなで食べよう宮崎の牛」=ライバル産地が応援―生産者経営の焼き肉店・鳥取(時事通信)
中島みゆきの名曲をテーマにした犬童一心テレビドラマ開始

<愛知・豊川の家族5人殺傷>長男「悪いことをしてしまった」と反省 地検支部、鑑定留置(毎日新聞)

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、名古屋地検豊橋支部は20日、岩瀬一美さん(58)への殺人容疑などで送検された長男高之容疑者(30)の精神状態を調べるための鑑定留置を名古屋地裁豊橋支部に請求し、認められた。期間は21日〜9月10日。地検は鑑定結果を踏まえ、処分保留としている殺人容疑などについて一括して起訴するかどうか判断する。関係者によると、高之容疑者は「悪いことをしてしまった」と反省しているという。

 鑑定留置は、容疑者や被告の精神状態を鑑定するため、病院などに留置する処分。裁判で善悪を判断できない心神喪失などが認められた場合、無罪や刑の減軽が規定されている。【沢田勇】

同居男、傷害容疑で逮捕=竹林の女性変死体―愛知県警(時事通信)
「政府が悪くても幸せになれる」 少子化対策(産経新聞)
姨捨の棚田 再びピンチ オーナー増でも管理の農家高齢化(毎日新聞)
首相、23日に沖縄再訪問へ(産経新聞)
「極めて深刻」県幹部会見 主力種牛感染疑い(産経新聞)

遺伝子組み換えの実験マウス逃がす(産経新聞)

 文部科学省は14日、遺伝子組み換え実験用のマウスを逃がしたとして、北海道大学(札幌市)を厳重注意した。すでにマウスは捕まっており、被害は報告されていないという。

 また、同省はこの日、実験で使った洗浄液を化学処理せず廃棄したとして、製薬会社「エーザイ」(本社・東京)も厳重注意した。

 同省などによると同大大学院生が今年1月8日、動物実験室で、遺伝子組み換えマウスを使った実験を行ったところ、マウス32匹中1匹が容器から逃げ出した。同大関係者らが翌日、逃げたマウスを発見し、捕まえた。容器のふたがきちんと閉められていなかったことが逃亡の原因だという。

 エーザイは平成14年から同社研究員が実験機器を使って、遺伝子組み換えウイルスが含まれている可能性のある液体を使った研究を実施。同機器を洗うための洗浄液を化学処理せず廃棄した。その後、同社が廃棄した洗浄液を調べた結果、ウイルスは検出されなかったという。

【関連記事】
遺伝子組み換え米、中国市場に流通? グリーンピース調査で発覚
害虫ウンカに吸われると…イネの抵抗力アップ
青いバラ 文化の薫り高く夢を実現
米国トウモロコシ、遺伝子組み換え8割超
サル遺伝子組み換え 慶応大など成功 難病解明に光
少子化を止めろ!

「最期は自宅で」が5割超、奈良県が高齢者介護の実態調査(医療介護CBニュース)
南アW杯 選手決定で都内各地で号外1万部配布…毎日新聞(毎日新聞)
包丁つきつけコンビニ強盗未遂 容疑の自衛官逮捕(産経新聞)
首相「公約でない」に「また余計なことを…」(読売新聞)
元妻の連れ子と無断で「結婚」 婚姻届偽造の57歳男を容疑で逮捕(産経新聞)

普天間、県民の期待伝えたい=首相訪問は「大歓迎」−沖縄知事(時事通信)

 沖縄県の仲井真弘多知事は30日午前の定例会見で、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題をめぐり、5月4日に鳩山由紀夫首相が同県を訪問することについて「大歓迎だ」と述べた。その上で、先の県民大会に触れ、「(県外移設を求める)鳩山内閣への県民の期待は非常に大きいと伝えようと思う」と述べた。
 普天間移設に関する政府方針に関しては、「ゼロベース(で検討中)という以上は聞いていない。解決案は首相が来て初めて話すという性格のものかな、という気がする」と政府の対応に疑念を示した。 

【関連ニュース】
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

会社員刺し重傷、43歳兄逮捕=金銭トラブルか−警視庁(時事通信)
「グラウンド整備悪い」と中学生殴る=野球部練習で、男を現行犯逮捕−岩手県警(時事通信)
<心霊スポット>病院跡地、公園に 神奈川・厚木(毎日新聞)
<俳句>大高翔さんがエール大で「塾」 学生らユニーク表現(毎日新聞)
黄金週間なのに銀世界、北海道東部は雪(読売新聞)

<捜査書類改ざん>品川署課長ら8人を書類送検 警視庁(毎日新聞)

 捜査書類の逮捕時間などを部下に書き換えさせたとして、警視庁は23日、品川署刑事組織犯罪対策課長の警部(46)や同課長代理の警部(50)ら計8人を虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検したと発表した。また、同庁は同日、課長を減給100分の10(3カ月)、課長代理を同100分の10(1カ月)の懲戒処分とした。

 警視庁によると、交番勤務の地域課員が1月14日午後8時45分、タクシーに無賃乗車した20代の男を詐欺容疑で現行犯逮捕、同9時45分に身柄を同署に引き渡した。しかし課長と課長代理は翌15日、逮捕から引き渡しまでに1時間を要したことに気付き、7分後に引き渡したとする捜査書類に書き換えさせた。

 刑事訴訟法は、現行犯逮捕した容疑者を直ちに引き渡すよう規定しており、課長は「手続きが不適切と思われたくなかった」と話しているという。【川辺康広】

【関連ニュース】
銃刀法違反:容疑の警官逮捕 改造拳銃を所持 福岡
強制わいせつ罪:女子高生触る 警官を起訴、余罪も 福岡
痴漢容疑:電車内で 警視庁警部補を逮捕 千葉・容疑否認
窃盗未遂:衣類盗もうとした疑い…警視庁警部補を逮捕
強制わいせつ:追起訴の警部懲戒免職 福岡県警

<足立火災>重体の女性死亡(毎日新聞)
マンションから飛び降り?高1女子が死亡(読売新聞)
亀井氏「外国人参政権付与は日本滅ぼす」(読売新聞)
高速新料金法案、政権内で再議論=割引財源から道路建設−前原国交相(時事通信)
強制わいせつ「市民の処罰感覚で」懲役8年判決(読売新聞)

<普天間問題>徳之島で18日に移設反対1万人集会(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場の移設先候補地とされる鹿児島県・徳之島。18日には、徳之島町で移設反対1万人集会が開かれるほか、反対の署名運動も島内でスタートした。島のいたる所に「基地移設断固反対」の看板や垂れ幕が掲げられ、反対ムードが高まる一方、賛成派も政府へのいら立ちを募らせる。普天間問題での鳩山内閣の迷走が、2万6000島民の混乱に拍車をかけている。

 「美しい自然と人情豊かなシマンチュ(島人)の心を黄金(こがね)に変え売りさばこうとする政府を許しません」。16日午後、戦後約8年間米軍に統治された奄美群島の本土復帰運動リーダーで同島出身の詩人、故泉芳朗(ほうろう)氏の生家跡(伊仙町面縄)。大久保明・伊仙町長や反対派住民、泉氏の縁者ら約60人が集まり「移設反対」の決意文を読み上げた。

 3町など約60団体でつくる1万人集会の主催団体は15日以降、島内3町の各集落の区長に反対署名集めを要請。17日は商店街などで街頭署名を始める。町も行政無線で集会参加を呼びかけ、島内は「移設反対」一色に染まったようにも見えるが−−。【斎藤良太、村尾哲】

【関連ニュース】
普天間:徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府
普天間移設:県外移設の検討 平野長官も明言
岡田外相:米大使との会談 首相に普天間問題で内容を報告
普天間問題:徳之島の3町長、「断固反対」強調
普天間移設:交渉で実務者チーム 首相が設置指示

偽装献金事件 首相「来週にはすべて決着」(産経新聞)
「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
<寒暖の差>原因は平年より強めの寒気と暖気のせめぎ合い(毎日新聞)
外国人参政権 35県「付与反対」 地方の危機感拡大(産経新聞)
<日仏首脳会談>EUとの経済連携協定、共同研究を提案(毎日新聞)

<幸田町汚職>容疑の町議 弟から報酬、一部受領 (毎日新聞)

 愛知県幸田町の工業団地開発を巡る汚職事件で、受託収賄容疑で逮捕された町議の黒柳広治容疑者(72)が、贈賄側の「和幸建設」の役員級幹部を務める実弟から、報酬の一部を受け取っていたことが、愛知県警の調べで分かった。県警は黒柳容疑者と贈賄業者の密接な関係を裏付ける事実とみて、弟が役員になった経緯を調べている。

 和幸建設は工業団地の造成工事を請け負った。同社によると、黒柳容疑者の弟は08年夏ごろに非常勤幹部になり、月額約10万円の報酬を受け取っていた。主な業務は公共工事の情報収集や相談。県警によると、弟の報酬の一部が黒柳容疑者に渡されていたという。

 町関係者によると、黒柳容疑者と弟はともに左官業者で、同社とは仕事上の付き合いがあったという。同社相談役の竹之内勝也容疑者(66)=贈賄容疑で逮捕=とも旧知で、公共工事などについて情報交換していたという。県警によると、逮捕容疑となった現金数百万円のわいろも08年7〜12月に竹之内容疑者が黒柳容疑者に手渡していた。【秋山信一】

【関連ニュース】
愛知・幸田の受託収賄:「現代の名工」の町議宅など捜索
厚生年金基金汚職:元理事が退職後も月18万円
収賄:家具厚生年金基金元理事ら逮捕 業者から700万円
三菱重工:株主代表訴訟の和解成立 橋梁談合事件で損害
防衛脱税:秋山被告に有罪判決 東京地裁「巧妙で悪質」

こちらのシャトルは現役続行=北九州市〔地域〕(時事通信)
たちあがれ日本 略称は「日本」(毎日新聞)
<宮崎家族3人殺害>奥本容疑者 妻と義母殺害容疑で再逮捕(毎日新聞)
舛添氏は「オオカミ中年」…新党発言に批判(読売新聞)
山崎さんが琴を演奏 宇宙で初の和楽器合奏(産経新聞)

宇宙少女の夢かなった 「銀河鉄道」あこがれ胸に、山崎さん出発(産経新聞)

 宇宙飛行士候補に選ばれて11年。米スペースシャトルに搭乗し5日、宇宙へ向かった山崎直子さん(39)は、少女時代から遊びも勉強も熱心だった。日本初のママさん飛行士として仕事と子育ての両立に悩みながら、強い意志と情熱で壁を乗り越え、あこがれの夢舞台へ飛び立った。母校や故郷では宇宙への旅立ちの瞬間、大きな歓声が沸き起こった。

 小学生のころから星や宇宙が大好きで、松本零士さんのアニメ「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」に胸を躍らせた。母校のお茶の水女子大付属高校のホームページや友人らによると、宇宙はディズニーランドの未来エリアから行けると思っていたそうだ。

 特技は琴の演奏。宇宙でもミニチュアの琴を弾く。音楽はロック系も好きだという。人気バンド「REBECCA」の「フレンズ」は、カラオケの十八番だ。

 勉強は何でもできたが、理数系はずば抜けていた。飛行士を目指す前は、学校の先生になるのが夢。東京大学で航空宇宙工学を学びながら、数学の教員免許も取得した。

 新しいことに積極的に挑戦し、誰とでも仲良くなれる明るい人柄。大学1年のとき、受験雑誌に掲載されたエッセーには「未知との対話も未知との出会いも、みんな大好き」と書いた。

 しっかり者だが、考え事をしながら歩く癖があり、高校時代はよく道に迷った。米国留学中は旅先で所持金を全部すられたりと、「ちょっと“天然系”」(親しい友人)な一面もあったようだ。

 平成12年に結婚。夫の大地(たいち)さん(37)とのなれそめも「宇宙」だったようだ。民間企業に勤めながら、大地さんは国際宇宙ステーション(ISS)の管制員を目指していた。

 14年に長女の優希ちゃん(7)を出産。大地さんが「専業主夫」になって育児を支えたが、「ここまで来られたのは、『宇宙に行きたい』という本人の強い意志が一番大きい」と関係者は口をそろえる。

 高校の同期生で上智大准教授の矢入郁子さん(39)は「子供ができたことで、もっと強くなった。夢をかなえられて本当にうれしい。宇宙を楽しんで」とエールを送る。

 山崎さん夫妻はまだ結婚式を挙げていない。「初飛行の後で」という山崎さんの意向からだ。「そのとき」も近づいた。

【関連記事】
「銀河鉄道」あこがれ胸に山崎さん出発
「フレッフレッ直子」母校で150人大歓声
“シャトル卒業”日本の有人宇宙開発に転機
最後の日本人搭乗 広がった活躍の場
山崎さんの長女「宇宙で頑張ってほしい」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<JR内房線>線路わきの路盤が陥没 千葉(毎日新聞)
北朝鮮への制裁、1年間延長を閣議決定(読売新聞)
首相、政治主導法案成立に意欲(産経新聞)
デフレ脱却へ、協調姿勢確認=鳩山首相と白川日銀総裁が会談(時事通信)
納豆菌使った水浄化、丸紅が海外売り込みへ(読売新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
借金整理
クレジットカード現金化
2ショットチャット
クレジットカード現金化 即日
無料ホームページ
ネットビジネス
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
  • ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
    AtoZ (08/29)
  • ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
    とろろいも (01/16)
  • ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
    ソルバルウ (01/04)
  • ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/30)
  • ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
    モグモグ (12/16)
  • ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
    ばきゅら (12/07)
  • ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
    俊之 (12/03)
  • ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
    さもはん (11/24)
  • ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
    れもんサワー (11/20)
  • ネット選挙の現場報告 動画にイケメン代議士(産経新聞)
    ゴリゴリくん (11/16)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM